オーディオのこと

他の機械と連動できないのはちょっと

2014.06.27

自宅などで音楽を楽しむためには、優れた性能の機材を揃えることが大切です。機材を選ぶポイントはいくつかあるのですが、1種類の機材だけを見て決めてしまわないことが重要になります。いくら性能の良いオーディオプレイヤーを購入しても、他の機械との相性が良くないのでは、音楽を楽しむことが難しくなります。連動型の機材を導入することが基本となるのです。 現在では、さまざまなオーディオプレイヤーが登場しています。安易に購入してしまいと、他の種類の機材を購入する際に困ってしまいます。しっかりと他の機械との連動型になっているかを見極める必要があります。 多くのメーカーが、優れた製品を発売するようになっているので、しっかりと情報を集めてから購入しなければなりません。特に、オーディオプレイヤーは価格も安いものから高いものまで、非常に種類が豊富です。連動型になっているものは、高額なケースが多いですが、便利に使用することができます。

どこでも音楽が聴けるしね

2014.06.27

現代において、音楽を聴く媒体としてオーディオプレイヤーは主流のひとつになっています。 過去にもカセット型ウォークマン、コンパクトCDプレイヤー、MDプレイヤーなど、携帯型のプレイヤーは需要が大きかったです。 ただし、当時の記録媒体では持ち運べる曲数は限られていました。 また、電池式のため消費が高かったり、イヤホンでしか楽しめないデメリットもありました。 現代ではオーディオプレイヤーもパソコンとの連動型になり、SDカード等の大容量記録媒体も登場して膨大な量の音楽を持ち運びできるようになっています。 充電にも電池ではなく、パソコンのUSBやコンセントを使えるものがあります。 一度充電してしまえば、一日で消費するには十分すぎるくらいの余裕ができます。 パソコンがないと使えないオーディオプレイヤーもありましたが、最近はミュージックコンポがプレイヤーと連動しているものも多く出回っています。 さらに、その連動型がもたらした産物として、プレイヤーに収録した音楽をミュージックコンポで聴くことも可能となっています。 外出時には軽量のプレイヤーを気軽に持ち運ぶことができ、自宅ではプレイヤーをコンポに繋いで多くの楽曲を楽しめるという、連動型のオーディオプレイヤーひとつで無限に楽しめる環境ができてています。 携帯型専用のプレイヤーとしてではなく、パソコン、コンポ等との連動がプレイヤーの汎用性を高めることになったのです。

小さいから知らない間に

2014.06.27

最近のオーディオプレイヤーは、連動型というものが一般的になっています。これはパソコンなどに楽曲を登録しておくことで、そのパソコンとオーディオプレイヤーを接続することで楽曲を共有し、同じ音楽が聴けるというものです。 最近の若者はオーディオプレイヤーというと小さいころからこの形式を使用しているため、このような形式が当たり前なのかもしれません。 昔は連動型などというものは少なく、プレイヤー自身に音楽を登録する形が当たり前でした。その為パソコンなどに記録した音楽ファイルを手作業でプレイヤーに記録させ、聞くものが主流でした。その為プレイヤーを複数持っている場合にはそれぞれに音楽ファイルを記録させ、持ち歩いていたものです。ちなみにそれ以前はCDやカセットを持ち歩き、これを携帯プレイヤーで聞いていたものでした。 連動型は非常に便利で、この形式に慣れてしまうとそうでないものは非常に使いづらいと思います。ちなみに、個人的にはパソコンを開くのも面倒なので、実は相変わらずCDプレイヤーを愛用しています。

更新情報・お知らせ

2014/06/27
ホームページ作りましたNEW